1984年1月、小学校4年生の女の子が学校からの帰り道で誘拐、殺害された。

学校では事件の直前 「 1/2(にぶんのいち)成人式 」 を行ったばかりで、

その少女は10年後の自分にあてた手紙を読めないまま短い生涯を終えたのだ。


主人公・合田亮二は、初恋の少女、葛城佐智絵を救えなかったトラウマに縛られたまま、

別の事故で死んだ兄の代わりに医者としての人生を生きていた。

佐智絵の事件が未解決のまま時効を迎えたことをきっかけに、本当の自分に気づく。

誰かの代わりの人生など歩めない。

俺は俺の人生を生きる

亮二の人生が少しずつ動き始める。



極上のヒューマンサスペンスミステリーがついに始まる!

関西テレビ放送開局50周年記念ドラマにふさわしく超豪華な俳優陣が終結!

東京・大阪・パリ・上海を舞台に、切なく胸にせまるミステリーをお届けします




(公式サイトより引用)









第3話】 容疑者